2005年11月09日

x264cli,ffmpeg,MEncoder

【概 要】少し整理。


 x264cliとMEncoder -x264encoptsのコマンドはほぼ対応しているが、ffmpegは独自の書式にはめ込んでるように見える。ffmpegもMEncoderも、映 像コデックはx264を使う。どれをつかうにせよ、ドキュメントはMEncoderが充実している。
 いずれもMacでは必ずしもビルド/動作がすんなりいくとは限らない。これは開発者/ユーザ数が限られているため(自分の知識と経験不足のほうがデカイ が)。

x264

オープンソース、フリーのAVC/H.264コデック。簡単なフロントエンド(コマンドライン)付き。ドキュメント未発見。策源地はVLC(仏)。
  1. 特徴
    1. 開発進捗が速い。
    2. x264開発チームにMacOSX担当者の名前がある。VLCプロジェクトは2005/9月にPowerMacG5を調達。
    3. 元はÉcole Centrale Paris(フランスの東大理工学部みたいなもん?)の学生が始めたっぽい。
  2. 機能
    1. 入力
      1. yuv 4:2:0のみ
    2. 出力
      1. .264(成功したがヘン)
      2. .mkv(未試用)
      3. .mp4(要gpac・未成功)
  3. リンク
    1. 策源地(x264のドキュメント/フォーラムは存在しないため、Doom9 --  MPEG-4 AVC 板が中心と なっている模様)
  4. 感想
    1. パイプ入力受け付けてくれればなぁ。(未成功)

ffmpeg

オープンソース、フリーの動画再生(ffplay)/エンコーダ(ffmpeg)/ストリーミング鯖(ffserver)ソフト。コデックとコンテナに強 い。ドキュメント整備は弱め。
  1. 特徴
    1. libavcodecという一連のコデック群を開発。(参考
      1. Win(ffdshow), Palm(TCPMP), Mac(FFusion)など、様々な形で移植されている。
      2. libavcodec mpeg4はMPEG-4 ASP(DivX,XviD)互換。
      3. h264コデックはx264に任せ、SNOWという別理論のコデック開発に進んだ模様。
      4. 古くはPSやセガサターンのゲームCDからムービー引っこ抜くのに使われていた模様(対応形式にそれらの名がある)。
    2. libavformatという一連のコンテナ群を開発。(参考
    3. libavutilというのを最近見つけたが、なんだか不明。
    4. x264やxvidなどはビルド時に取り込む(未成功)。
  2. 長所
    1. コマンドラインオプションは独特。全ての映像コデックを共通のコマンドオプションで扱うので、一度覚えれば潰しが効く。
    2. DVDやPSP向けのプリセットがある模様。
  3. 短所
    1. 反面、各コデックの特質を掴み難い。特に新種。
    2. ドキュメントが簡素。ところどころ「詳細はソースコードを嫁」と書いてある。

MPlayer/MEncoder

オープンソース、フリーの動画再生/エンコーダ。AVI以外への出力が弱い。フィルタとドキュメントが充実。
  1. 特徴
    1. libavcodecをベースにフィルタやA/V Sync機能などを充実させた感じ。
    2. AVI出力に特化
    3. libavcodec, libavformat, libavutil, lame, faac, xvid, x264などをビルド時に取り込む。
    4. コマンドラインオプションはコデックによりバラバラ。
      1. 基本はlibavcodec書式。
      2. xvid,x264,lame,faacなどはそれぞれ別系統のコマンドを覚える必要がある。
      3. 煩瑣な反面、各コデックの特質は掴み易い傾向。
  2. 長所
    1. ドキュメントの充実ぶりが鬼。エンコードの基礎から新種のコデックの特質まで網羅。
      1. 現状、x264の新機能はまずここでドキュメント化される模様。
      2. mixed reference, trellisはまだ。
  3. 短所
    1. .mp4出力が不安定。
      1. x264+aac.mp4出力は比較的新しく、ばぎー。手許ではVLC 0.8.4-test2でのみ再生可能。つうか 出力したMPlayer自身が落ちた。
      2. これでも8月頃に比べれば著しい進歩。
    2. 動画再生/エンコードに関して膨大な範囲をカバーしている為、ソースコードは荒れ気味らしい。
  4. 感想
    1. ドキュメントの充実は「わかってない」ユーザを呼び込む。
    2. その中から「テスター」が育つ。
    3. 「わかってない」ユーザ向けのオプションが追加される。例:turbo
    4. といったサイクルがあるように見える。
    5. このサイクルはDoom9(vfwやMeGUIなどのGUI作成の中心?)とx264cliの間にもある模様。
posted by ばる at 22:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。