2005年10月28日

ffmpeg-ビルドTRY01

【概要】失敗の巻
【リンク】OS X ハッキング! 第152回 早く来い! iPod with Videoの到着を待ちきれずにH.264エンコード(2)

リンク先そのままやってみる。

1.x264

Win界で言うx264cli、、、だと思う。
configure結果
$ sh configure --enable-pthread
Platform:   PPC
System:     MACOSX
avis input: no
mp4 output: no
pthread:    yes
vfw:        no
debug:      no
gprof:      no
visualize:  no
起動してみる。
$ x264
x264 core:36 svn-333
Syntax: x264 [options] -o outfile infile [widthxheight]

2.faac

aacエンコーダ。
configure結果は割愛して起動。
$ faac
Freeware Advanced Audio Coder
FAAC 1.24.1 (Oct 28 2005) UNSTABLE
Usage: faac [options] [-o outfile] infiles ...
        <infiles> and/or <outfile> can be "-", which means stdin/stdout.
See also:
        "faac --help" for short help on using FAAC
        "faac --long-help" for a description of all options for FAAC.
        "faac --license" for the license terms for FAAC.

3.liba52

AC3音声デコーダ。DVDレコなんかが使う。
configure結果は割愛して起動、、、はできないのか。これはただのライブラリだから。
ターミナルに、
/bin/sh ../autotools/mkinstalldirs /usr/local/lib
と出た。Tigerはデフォルトで/user/local/以下が無かったりしてffmpegX0.0.9sで苦労したが、これなら平気っぽい。
ranlib /usr/local/lib/liba52.a
ついでに新しいライブラリが入りましたよとOSXに登録もしてくれる。

4.FAAD2

AACデコーダ。ここで引っかかった。
$ mkdir faad2 ; cd faad2
$ tar xzf faad2-15092004.tar.gz
$ cd faad2
$ vi common/mp4ff/mp4ffint.h

348行 : void mp4ff_track_add(mp4ff_t *f);
     ↓  ↓  ↓
348行 : static void mp4ff_track_add(mp4ff_t *f);

$ sh bootstrap ; sh configure
$ make ; sudo make install


いきなりフォルダ'faad2'を作っても空なのに、tarで解凍?
FAAD2 CVS snapshot 15-09-2004はここから取ってくる。
フォルダ'faad2'に入れて、2行目にもどる。
んで、vi(テキストエディタ)はとても使いこなせないので、common/mp4ff/mp4ffint.hをダブルクリック。
Xcodeで開く。うわ、初めて使うよ。
"void mp4ff_track_add(mp4ff_t *f);"を検索して、アタマに"static "と追加、保存。 念を入れてCotEditorで行番号を確認(怖いから保存しない、見るだけ)。再び7行目に戻って、最後まで。
Libraries have been installed in:
   /usr/local/lib
と出たので良いのだろう。

自分の場合、Xvidとlameは既に存在するので次へ。

5.ffmpeg

sh configure --enable-faac --enable-faad --enable-a52 --enable-x264 --enable-pthreads --enable-gpl
この部分をffmpegX0.0.9t版に倣って以下に変える。
sh configure --enable-mp3lame --enable-faac --enable-xvid --enable-x264 --enable-pthreads --disable-ffserver --disable-vhook --enable-ffplay --enable-gpl
Unknown option "--enable-ffplay"だって。失敗。-a52も足さなきゃ。
sh configure --enable-faac --enable-faad --enable-a52 --enable-x264 --enable-pthreads --enable-gpl --enable-mp3lame --enable-xvid --disable-ffserver --disable-vhook
で、configure結果。
configure: line 1: cd: configure: No such file or directory
install prefix /usr/local
source path /Users/XXX/ffmpeg
C compiler cc
make make
CPU powerpc (generic)
big-endian yes
inttypes.h yes
broken inttypes.h no
AltiVec enabled yes
gprof enabled no
zlib enabled yes
libgsm enabled no
mp3lame enabled yes
libogg enabled no
Vorbis enabled no
Theora enabled no
FAAD enabled yes
faadbin enabled no
FAAC enabled yes
XviD enabled yes
x264 enabled yes
a52 support yes
a52 dlopened no
DTS support no
pp support no
debug symbols yes
strip symbols yes
optimize yes
shared pp no
video hooking no
SDL support yes
Sun medialib support no
pthreads support yes
AMR-NB float support no
AMR-NB fixed support no
AMR-WB float support no
AMR-WB IF2 support no
network support yes
IPv6 support no
License: GPL
Creating config.mak and config.h...
SDLは以前に入れたlinux関連のライブラリ。AMR系は携帯電話とかで要るらしい。ppってのは、ビデオフィルタだよなぁ、、、たぶん。
【そんなことより】
とりあえず1行目がすごく気になるんですけど、、、

んで、make。
$ make
make: Makefile: Too many levels of symbolic links
make: stat:Makefile: Too many levels of symbolic links
make: *** No rule to make target `Makefile'.  Stop.
吐血。
シンボリックリンクのレベルが多すぎる?
システムぐちゃぐちゃなんだろうなぁ。

と、いう事でffmpegX版を使い続けるのであった。根性ね〜。
posted by ばる at 20:29| Comment(0) | TrackBack(0) | ffmpeg[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。