2005年10月26日

foltia

【概要】linux用国産アニメ専用自動放送時間変更追随録画&エンコード&勝手にiTunesに登録してiPod転送もOKなソフト
【リンク】http://www.dcc-jpl.com/soft/foltia/index.html
【タグ】[hint][mp4box?]
どこが概要なのかと一人突っ込みしつつも実際 そうとしか言いようの無いナゾのソフトがあるらしい。
らしいというのは公開されてないから。サイトだけは、随分前からあったんだけども。
とりあえず自分がCapty買うキッカケになった(そして買うとほぼ同時期にエンコ環境を Mac以外に移したっぽいT^T)先人達がこぞってマンセーしてらっさるので、、、などとハク付けするまでもなくメチャメチャ スゴそう。

むー。YDLなら動くか?動くならOSXはMac on linuxで使うっつう手もあるが。

ところでリンク先の"プロモムービー H.264/MPEG4"。林檎+Jを見ると、AとV以外にHintedという要素があった。2個。再生時間はAも VもHintedも全部一緒。データ容量はそれぞれA,Vに対応している、、、ように見える。
ひょっとして、A/V Sync解決の鍵は、mp4boxオプションのオーディオディレイとかでなくて、こっちにあるのかもしれない。
$ /Library/Application\ Support/ffmpegX/MP4Box -h hint
Hinting Options
 -hint:               hints the file for RTP/RTSP
 -mtu size:           specifies MTU size in bytes. Default size is 1500
 -copy:               copies media data to hint track rather than reference
                       * Note: speeds up server but takes much more space
 -tight:              performs tight interleaving (sample based) of hinted file
                       * Note: reduces server disk seek but increases file size
 -multi [maxptime]:   enables frame concatenation in RTP packets if possible
        maxptime:     max packet duration in ms (optional, default 100ms)
 -rate ck_rate:       specifies rtp rate in Hz when no default for payload
                       * Note: default value is 90000 (MPEG rtp rates)
 -mpeg4:              forces MPEG-4 generic payload whenever possible
 -latm:               forces MPG4-LATM transport for AAC streams
 -static:             enables static RTP payload IDs whenever possible
                       * By default, dynamic payloads are always used
MPEG-4 Generic Payload Options
 -ocr:                forces all streams to be synchronized
                       * Most RTSP servers only support synchronized streams
 -rap:                signals random access points in RTP packets
 -ts:                 signals AU Time Stamps in RTP packets
 -size:               signals AU size in RTP packets
 -idx:                signals AU sequence numbers in RTP packets
 -iod:                prevents systems tracks embedding in IOD
                       * Note: shouldn't be used with -isma option
 -sdp_ex string:      adds sdp string to (hint) track ("-sdp_ex tkID:string")
                      or movie. This will take care of SDP lines ordering
                       * WARNING: You cannot add anything to SDP, cf rfc2327.
 -unhint:             removes all hinting information.
で、わけがわからないわけだが(T^T)。
http://gpac.sourceforge.net/downloads.phpにmpeg4_tutorial.zip つうのがある。
読むしかあるまひ。
posted by ばる at 23:13| Comment(4) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
foltiaはキャプチャカードのドライバの関係で、いまのところLinux/intelでしかうごいていないのです。
今後のドライバの移植に期待です。
プロモムービーはタダたんにQuickTime7で変換しただけだったと思いました、たぶん。
Posted by 宗子 at 2005年10月27日 00:05
なるほど。有り難うございます。
公開をお待ちしておりますm(_ _)m
Posted by ばる at 2005年10月28日 06:26
Windowsの携帯動画変換君の作者さんが、“AVCTest-051028”を公開してくださいました。
iPod G5で再生できるH.264/AVCムービーが作れます。
http://www.nurs.or.jp/〜calcium/wearable/index.html

ソースファイルも公開しているので、ffmpegで変換&作成する方法がわかるのではないでしょうか。
QuickTime7での変換速度を向上させるより、ffmpeg&Mencoder+MP4boxで作れるようになったほうが速いと思います。(^_^)
Posted by ナル at 2005年10月28日 12:58
おお、それは知りませんでした。
ありがとうございます。

見てみましたが、ffmpegのコマンドがffmpegX版(ややこしいですね^^;)で使えないものが含まれていました。ちょいと手軽にビルドできるってレベルじゃないので頓挫中であります。
Posted by ばる at 2005年10月31日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。