2005年10月13日

ガンパレード・オーケストラ#1初陣

概要:ほぼffmpegX0.0.9t同等設定(フィルタは除く)
タグ:[アニメ][x264][mp4]
素材:908.8MB
結果:205.3MB
所要時間:7h46m40s

■QuickTime Pro 7.0.2
名 前 再 生時間 デー タ容量 デー タレート フォー マット
ビデオ 23:35.64 0バイト 0.00キロビット/秒 H.264
サウンド 23:35.42 31.81MB 187.33キロビット/秒 AAC

再生:OK
書き出し:失敗
MP4書き出し指定時、映像・音声とも「そのまま」選択可 能。開始直後に失敗表示、停止。回避策はbframes=0。

■mp4info version 1.2
Track Type Info
1 video H.264 1415.641 secs 1024 kbps 640x480@23.98fps
2 audio MPEG-4 AAC LC 1415.424 secs 189 kbps 48000Hz

■A/V sync
ソ フト V-A
QT 0.217sec
mp4info 0.22sec
  1. 視聴した範囲ではA/VSyncの問題は感じなかった。
  2. 音楽PVや実写では厳しい可能性がある。
  3. 2時間の映画では0.8secを超える事が想定される。
■V設定(MEncoder)
'/Library/Application Support/ffmpegX/mencoder' \
${iFN} \
-ovc x264 \
-nosound \
-ni \
-sws 9 \
-x264encopts \
threads=2:me=4:bitrate=${BR}:qp_min=18:qp_max=51:i4x4:\
keyint=120:cabac:deblock:nob_adapt:bframes=1:turbo=1:pass=1 \
-passlogfile ${iFN}.mp4.log \
-ofps 23.976 \
-vf pullup,softskip,crop=720:480:0:0,\
scale=640:480,hqdn3d=3:2:5,pp=l5,harddup \
-of rawvideo \
-o ${iFN}.264
'/Library/Application Support/ffmpegX/mencoder' \
${iFN} \
-ovc x264 \
-nosound \
-sws 9 \
-x264encopts \
threads=2:me=4:bitrate=${BR}:qp_min=18:qp_max=51:i4x4:\
keyint=120:cabac:deblock:nob_adapt:bframes=1:pass=2 \
-passlogfile ${iFN}.mp4.log \
-ofps 23.976 \
-vf pullup,softskip,crop=720:480:0:0,\
scale=640:480,hqdn3d=3:2:5,pp=l5,harddup \
-of rawvideo \
-o ${iFN}.264
2パス。
ffmpegX0.0.9tとの違いはturbo=1とフィルタチェインのみ。
バックグラウンドで別エンコードが走っていたため、片肺飛 行。DualCPUをフルに使えば所要時間は半減すると思われる。
エンコード末尾の情報は以下。
x264 [info]: slice I:511  Avg QP:18.33 Avg size: 28341
x264 [info]: slice P:17149 Avg QP:18.27 Avg size:  7778
x264 [info]: slice B:16280 Avg QP:20.85 Avg size:  2046
x264 [info]: slice I   Avg I4x4:62.7% I8x8:0.0%  I16x16:37.3%
x264 [info]: slice P   Avg I4x4:6.6% I8x8:0.0%  I16x16:9.4%  P:52.2% P8x8:5.1%  PSKIP:26.8%
x264 [info]: slice B   Avg I4x4:0.9% I8x8:0.0%  I16x16:0.9%  P:16.9% B:3.1%  B8x8:1.8%  DIRECT:8.7%  BSKIP:67.7%
x264 [info]: kb/s:1024.0
このビットレートでもqp_minを もっと下げられそうだ。
slice I:4 ピクセル単位のCropが可能と思はれる。
slice P:I が多数混じっている。IDRフレームと関係あるのだろうか。要解明・PSKIP。
slice B:I・ Pが多数混じっている点は同様。要解明・BSKIP,DIRECT。

■A設定(ffmpeg)
'/Library/Application Support/ffmpegX/ffmpeg2' \
-i ${iFN} -y -vn -f mp4 -acodec aac -ab 128 -ar 48000 -ac 2 -map 0.1:0.0 \
${iFN}.aac.mp4
ffmpegX0.0.9t内蔵のffmpeg2を所定位 置に抜き出して使用。
-ab 128で音声ビットレートは128kbpsになると思ったが、出来上がりは189kbpsとなった。課題。
ffmpegのコマンド自体未解明。

■mux設定(mp4box)
'/Library/Application Support/ffmpegX/mp4box' \
-fps 23.976 \
-add ${iFN}.264 \
-add ${iFN}.aac.mp4 \
-new ${oFN}
ffmpegX0.0.9t内蔵のmp4boxを所定位 置に抜き出して使用。
設定も同ソフトと同じ。24000/1001書式は受け付けない。
MeGUIの画面写真を見てもこれでよさそうだが、YAMBがfpsを指定せず、単純にmuxしているように見える点が課題。
また、mp4boxでアスペクトを指定する方法も未解明。
posted by ばる at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 圧縮日記264 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。