2005年05月26日

比較:Handbreak_x264.mp4 VS. mencoder_Xvid.avi

当方の常用はCaptyTV(PIX-MPTV/F1M)
これをMPEG StreamclipでCMカット、Convert to MPEG( with MP2)したものは、、、

■mencoder(ffmpegX版)
:問題なくエンコード可能。
◯:mencoderの優れたデノイズ、インタレ解除、逆テレシネ変換が利用可能。
◯:映像・音声劣化は最低限。
◯:必要なソフトは
 ・MPEG Streamclip[CMカット]
 ・mencoder[エンコード]
×:H,264.mp4化は困難。

■MovieFileReel+Handbreak
×DVDに編成不能(MovieFileReel)
  異常に長い時間情報が出る、MPEG StreamclipのFix Timecode Breakも効果無し
  MPEG Streamclipで一旦.m2v,.aiffにDemuxし、.mpegに再編成するとPCM音声のMPEG-PSができる。
  これはDVD.imgに編成できた。
◯:これでHandBreakでx.264.mp4化が可能
×:音声劣化。実質的にPixeDVで編集するのと変わらない。
×:デノイズ不能。
△:勝手に24fps化する。
△:インタレ解除、逆テレシネ変換はfilmdintより上か下か微妙。
  遜色無いと言う気もするが、使い込んでみないとなんとも。

 もうひとつ、JES Deinterlacer+Apple-H.264という手がある、つうか多分これが普通な筈だけど、当方の環境ではJESが安定しない。10.3.9では使えてたんだけど、、、
posted by ばる at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | MPEG-4全般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。