2005年05月26日

攻殻機動隊 S.A.C. 2nd GIG#9絶望という名の希望 AMBIVALENCE(0525)[Handbrake-x264.mp4]

素材:CaptyTV_8.5固定

・G5(エンコード担当)からG4Cube(録画担当)にアクセス、G5にコピー。
・MPEG StreamclipでCMカット、Convert to MPEG( with MP2)。

MovieFileReelでDVDに編成不能
 異常に長い時間情報が出る。MPEG StreamclipのFix Timecode Breakも効果無し。
 MPEG Streamclipで一旦.m2v,.aiffにDemuxし、.mpegに再編成するとPCM音声のMPEG-PSができる。
 これはDVD.imgに編成できた。

HandBrakeでx264-2パス。.mp4化
0526_hb.png
■結果
0526_qt.png

・やはりfpsがsame as sourceなのに24fps化された。(素材は29.97)。
・ビットレート指定は概ね守っている。画質の下限でもあるのだろうか?
・画質は、常用中のmencoder_Xvidに劣る。
 ・電波ノイズがブロックノイズとして残る。
 ・特にジャギ(ブロックノイズだったのか?)は出なかった。やはりビットレートが原因か
 ・単色の塗り部分に矩形の色違いブロックが出る。
   ・顔のアップや単色の背広などで顕著
   ・mencoder_Xvidでは、quant_type=mpegで緩和可能。
 ・インタレ解除はmencoderのfilmdintに遜色無い印象。
 ・1stと2ndで殆ど速度が変わらない模様。
   ・G5 2Gdualで2時間弱。
   ・cropしたので1fpsほど早くなり7〜8fps程度は出ていたようだ。crop抜きでは6〜7fps程度。
posted by ばる at 01:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 圧縮日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。