2005年05月24日

1999米_グリーンマイル その2[ODML]

-noodmlを抜いてやってみた。
===設定=========================
/Users/USERNAME/ffmpegXbinaries230105/mencoder \
/Users/USERNAME/Movies/0521GreenMile.mpeg \
-oac mp3lame -lameopts cbr:br=128:vol=1: -srate 48000 -aid 0 \
-ovc xvid -xvidencopts \
:pass=1:bitrate=2048\
:min_iquant=2:max_iquant=3\
:min_pquant=2:max_pquant=4\
:min_bquant=2:max_bquant=5\
:trellis:chroma_me:chroma_opt:hq_ac:quant_type=mpeg\
:max_key_interval=240:vhq=3:max_bframes=1:bvhq=1 \
-vf filmdint,scale=640:480,hqdn3d=4:3:6 \
-sws 2 -ofps 23.976 -o \
/Volumes/HARDDISC/0521_GreenMile.mpeg.avi
===1st PASS結果=========================
Video stream: 2593.165 kbit/s
Audio stream: 128.000 kbit/s
Total_sec;14148(3.93hrs)
Total_frames;256076(18.09fps)
===結果=========================
File_size;2.72GB
・QuickTime Player7(+Divx5.11,3ivx):最初の1GB(約1時間分)のみ認識。そこまで正常再生。
・MPlayerOSX(2.0b9r5):継続時間が0:55:20と出る、スライダを末尾まで動かすと約1時間の地点までしかいかない。但しその先も最後まで再生。

===結論=========================
当方の環境はODML機能拡張(AVI2.0)に非対応。-noodmlを使って2GB以下に納めた方が安全。
ビットレートはffmpegXのcalculatorで計算すりゃいっか。

ちなみに、
GENERAL ENCODING OPTIONS (MENCODER ONLY)
  -noodml (-of avi only)
 Do not write OpenDML index for AVI files >1GB.

 これは「ファイルサイズが1GBを超えた場合にODMLインデックスを書かない」と素直に理解して良いのだろう。
 確か、ODML機能拡張(AVI2.0)とはAVIファイルの中に複数のAVIファイルを突っ込むものだったと思う。複数のAVIを一個のAVIに見せかけて、連続再生すると理解しても良い。その際の子AVIが1GB単位という事なのだと思う。やはり-noodmlはつけておいた方が無難なようだ。ま、見れりゃいいんだし、せっかくだから900kbpsくらいにしておこう。
posted by ばる at 05:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 圧縮日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。