2005年05月23日

0521_絶対少年01_憂鬱で奇妙な夏の始まり[2Pass]

■CPU ;G5/2G dual
■エンコーダ ;mencoder_Xvid(ffmpegX版)
■素材 ;0521_ZettaiShounen01.mpeg
 Source ; Anime , 23min , 1199MB
 Format(a/v) ;MPEG2-PS (Mpeg2/MP2)
■Time[1st/2nd]
 Total_sec; 2502(41.7min) / 8302(2.3hrs)
 Total_frames; 45007 / 45007
 speed;17.98fps / 5.42fps
■結果[1st/2nd]
 Video :1373.035 kbit/s / 1328.442 kbit/s
 Audio :160.000 kbit/s / 160.000 kbit/s
 Total(Finder);未計測 / 268.7MB
■コメント
 2パス-2600kbps
 この台詞と演技の遊離感はなんだろう。狙ってやってんのかな。
 フラットな塗りは夏のお話だから日差しが強いのですって事かな。
 背景も一見緻密な部類だが塗りそのものは結構フラットだ。
 変執的にエンコードするようになってから、この塗りは意図的なのか安くあげたいだけなのか、つまりざっくりデノイズで潰すかきっちり残すか、時々悩む。
 画家の描くものには一木一草に意味が有ると言うけど、どうもこれ、細かいとこまで意図が行き渡ってる部類っぽい。まぁ、そこまでの価値があるのかはなんとも言えないが。
 あと、音響監督の郷田ほづみって、やっぱあの人かなぁ。
■設定

/Users/USERNAME/ffmpegXbinaries230105/mencoder \
/Users/USERNAME/Movies/00source/0521_ZettaiShounen01.mpeg \
-oac mp3lame -lameopts cbr:br=160:vol=1: -srate 48000 -aid 0 \
-ovc xvid -xvidencopts \
trellis:chroma_me:chroma_opt:hq_ac:quant_type=mpeg:cartoon\
:pass=1:bitrate=2600\
:min_iquant=2:max_iquant=3\
:min_pquant=2:max_pquant=4\
:min_bquant=2:max_bquant=5\
:max_key_interval=240:vhq=3:max_bframes=1:bvhq=1 \
-vf filmdint,scale=640:480,hqdn3d=4:3:6 \
-sws 2 -zoom -ofps 23.976 -noodml -o \
/Volumes/HARDDISC/0521_ZettaiShounen01.avi

■設定コメント
 BSアナログは地上波より少し走査線が多く、高画質らしい。
 さらにビデオデッキ経由で録画した為、ノイズはあんま無い。
 でものっぺりしたアニメ塗りだし、背景のディテイルも緻密ではないのでhqdn3d=4:3:6(デフォルト)にしてみた。本編は特に問題を感じなかったが、エンディング、写真を加工したと思はれる部分は潰れ気味にも思える。

bitrate=2600で結果は1328.442 kbit/sなので、IPBの全てにquant=2が適用されている筈だから、quant調整ではこれ以上の画質は望め無い。来週はBフレーム禁止、デノイズ弱めでやってみよう。cartoonは有りのままで良いと思うが、、、。

※ディテイルが緻密=背景の塗りに筆跡があったり、気合いの入ったグラデーションがかかってたり、和紙とかの実写取り込みしてたり、CGにテクスチャがばりばり貼ってあったり、つまり数ドット単位で周囲と色が違う部分がいっぱいある事。と理解している。
 ノイズも該当する。
 CPUにはノイズと映像の区別は付かないので、ノイズもまじめにエンコード(符号化)する、結果、無意味にサイズがでかくなる。
ノイズには目に見えないものも存在するので、素材の見た目に問題がなくても弱いデノイズをかけたほうが同じ画質でより縮む。この作品ではフラットな質感を重視してるんだなと思ったのでデノイズはデフォルト値で、つまり強めに、かけた。しかしよく見るとコンビニの雑誌がクレヨンかなんかで塗ってあったり、弁当のラベルが賞味期限まできっちり書いてあったり、唐突に「細密なディテイル」が出てきたり、なんだか、気にしだすと気が抜けなくなりそう。
posted by ばる at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 圧縮日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3827518
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。