2006年08月25日

本『GNU 開発ツール』

Computer Architecture Series
『GNU 開発ツール』220p,4500円(自費出版)

 たった220ページで4500円て、うわ〜たっかぁ〜〜〜!字が金箔押しなのか?というのが最初の印象。然してその内容は、
$ gcc hello.c
 この一行の解説だと言う。、、、いやすげぇ字がでかいとかそうゆうんでなくて。
 その一行の裏でパソコンがナニやってんのという話らしい。

 、、、欲しい。

 自分は文系なのでUNIXはおろか理学も工学もまったく下地が無い。世のMac系の書籍も雑誌も暗号が並んでいるばかりで何故そこでそうすんのかが書い てない。書いてある通りにやってコケたらそこまでだ。UNIX系の書籍も雑誌も純血種のマカーがターミナルに踏み込むようにはできてない(しかもオレ PPCだし)。その間を推測と失敗で埋めて動けばそれでいいわけだが、手間と時間とお金はかかる。無駄ではない。それはそれで面白いし。だが非効率だ。趣 味であれ仕事であれ、非効率なテマヒマはかければかけただけ、ウヌボレを産む。ウヌボレると先へ進めない。先へ進めないと面白く無い。おいらには下地が足 りない。

 でも高いよなぁ。対象読者は
・PC-UNIX環境上で作業可能な方
  本書は Debian GNU/Linux 上での実例を掲載しています。
可能でない
・基本的なUNIX操作を習得している方 してない。
  ユーザ管理 調べればたぶんわかる。
  スーパーユーザへの移行 調べればたぶんわかる。
  ディレクトリ操作 調べればたぶんわかる。
  ファイル操作 調べればたぶんわかる。
  エディター操作など picoのみ。
・基本的なC言語プログラミングを習得している方 してない。
・手順ではなく、仕組みを理解したい方 したい。
 クリアしてるの一個だけじゃんw。著者の人はFreeBSDベースで書きたいキモチもあったようだ。なんだよ〜、それだったらまだMac OSXでも使えたかもしれないのにぃ。

 う〜んう〜ん。悩みますな。

posted by ばる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22779263
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。