2006年08月14日

ゲームがワルモノにされる理由ーーむすびーー


むすび


 ゲームが ワルモノにされる理由2のような戦史はいくらでもありますが、いずれのケースでも当事者は単に世代交代を待つのではなく、作品と論評 を以て戦っています。マンガ、アニメ、明治期の小説、江戸期の歌舞伎だけでなく、おそらくは室町期の能・狂言も同様かと思います(でなきゃ風姿花伝なんか書く動機がないのでは?)

 勝っても負けても、詳細な戦況は歴史に残りません。
 ゲーム支持派が勝者になった場合、反対派の言動は「世間の批判はあったが」程度にまとめられてしまいますし、 敗者になった場合は、そんなものがあった事すら忘れられるだけです。
 そもそも文化など「無くても一向に差し支えないが、あったほうがなんとなく心持ちの良いもの」に過ぎません。

 本当は、ただ面白いゲームの事を語るだけでいいと思うんだ。
 アニメだってマンガだってロックだって小説だって、ファンやメディアがその良さを語り続けたから今があるわけで。宮崎駿だって手塚治虫だってジョン・レ ノンだって二葉亭四迷だって、悔しさを噛み締めて黙々と「今よりももっと良いモノを」作り続けたから今があるわけで。
 十返舎一九も近松門左衛門も観阿弥・世阿弥も出雲阿国も、たぶんそうだったんじゃないかなぁ(向こうは迷惑かも知らんが)。

 ゲームの事はゲームに聞け。と言います。作品を以て語らしめよ。
 画家の描くものには一木一草に意味が有ると言います。ゲームがそうでない理由をオレは知りません。

 だから、ゲームやろうぜ。




posted by ばる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22342171
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。