2006年06月06日

MPlayer SVN

【概要】ffmpegがSVN化したらしく、MPlayer開発チームもSVNの運用試験中のもより。
【タグ】[MPlayer][MEncoder][ビルド]
ソー スコード取得からビルド、インストールまで問題無く成功。実用はまだ。
以下のようにバージョン表示がCVS版とは事なる。
$ mencoder
MEncoder dev-SVN-0000-060606-18:54060606-18:59060606-18:59060606-18:54060606-18:59060606-18:54060606-18:59060606-18:59060606-18:59060606-18:59060606-18:54-4.0.1 (C) 2000-2006 MPlayer Team
AltiVec found
CPU: PowerPC
No file given

Exiting... (error parsing command line)

なお、この影響か否か、時折CVS鯖が落ちているとの声を見かけるが、手許では未経験。
かつ、SVNで入手したREADMEにはまだCVSでの取得方法が記載されている。
従って本格的な移行はまだだと思われ。
CVSで問題がある場合はこちらのリンクでCVS版スナップショットが取得できる。

ソースの取得からインストールまでは以下の通り。
ホームフォルダに「main_svn」フォルダを作り、その中で以下を実行した。
$ cd ~/main_svn/
$ svn co svn://svn.mplayerhq.hu/mplayer/trunk mplayer
$ cd ~/main_svn/mplayer/
$ ./configure --enable-macosx --enable-macosx-finder-support --enable-macosx-bundle --disable-gif
$ make
$ sudo make install
「main_svn」内部に「mplayer」フォルダが作成され、其の中にソースコードが落ちて来る。CVS版とは異なり、libavcodec、 libavformat、libpostprocも一発で落ちて来る。楽。

手許の環境では、faac、lame、libmad、SDL、x264、Xvidあたりがビルド済みなので自動検出される。
このうちx264だけは安定板がリリースされていないので直前に最新版をビルドしておくのが安心だと思う。
手許ではgif関連のライブラリが古いらしく、--disable-gifを指定しないとビルドでコケる。自前で入れたものだと思うが記憶が定かでない。

最後のmake、sudo make installは問題無く成功。
今のところMPlayerでの再生に問題なし。
MEncoderでのエンコード未試験。
posted by ばる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。