2006年06月01日

(no)dct_decimate

【タグ】[mencodrer][x264]
■MEncoder dev-CVS-060519-18:10-4.0.1 (C) 2000-2006 MPlayer Team
 (no)dct_decimate
Eliminate dct blocks in P-frames containing only a small single
coefficient (default: enabled).  This will remove some  details,
so  it  will  save bits that can be spent again on other frames,
hopefully raising overall subjective quality.  If you  are  com-
pressing    non-anime  content with a high target bitrate, you may
want to disable this to preserve as much detail as possible.

Pフレーム中の僅かな係数しか含まないDCTブロックを除去する(デフォルトはenabled)。
若干のディテイル除去になるので、その分のビットを他のフレームに回せる。全体的な主観画質は向上するだろう。
アニメ以外の素材を高ビットレートで圧縮する場合、disableにして可能な限りディテイルを残したいと思うかもしれない。

ここに よると、x264 r503で追加されたものらしい。
※ついでだが英文中のanimeは、cartoonやanimationとは区別したほうがよさそうだ。上記はそうでもないが、文脈によっては"(主とし て日本の)リミテッド・アニメ"を指している希ガス。英製和語?。

■x264 core:47 svn-531M
--no-dct-decimate
Disables coefficient thresholding on P-frames

Pフレームにおける係数切り捨てをしない。

こんな感じなので、fifoを使ってx264cliに移行したとしても、manやDocの充実したMPlayer/MEncoderは捨て難いものがあ る。


/*/

ここ2週間ばかりmencoderのmakeがコケル症状に悩んでいたのだが、ふと次のようにしたら通った。
./configure --enable-macosx --enable-macosx-finder-support --enable-macosx-bundle --disable-gif

これまでは./configureだけで、後はautodetectにお任せだったのだが、どうもlibungifが古いと言っていたらしい。
./configure --disable-gif
としたらコケる位置とメッセージが変わり、
./configure --enable-macosx --enable-macosx-finder-support --enable-macosx-bundle
ではコケる位置は変わったがメッセージが./configureだけのときと同じだった。
原因は不明。昨年11月からずっと./configureだけでうまくいってたし、いまさらgifの推奨バージョンが変わるとも思えない。5月半ばの Mac OSXアップデートが原因なのかもしれない。いずれにせよ、gifとか使わないのでビルドスクリプトを書き換えてみた。
#!/bin/bash
# MEncoder_builder
#060601,charset="UTF-8",LF

LOG=~/Desktop/menc_builder.txt
CFGX264="./configure --enable-pthread"
CFGME="./configure --enable-macosx --enable-macosx-finder-support --enable-macosx-bundle --disable-gif"

echo `date` | tee ${LOG}
echo === | tee -a ${LOG}
echo x264=== | tee -a ${LOG}
cd ${HOME}
svn co svn://svn.videolan.org/x264/trunk x264
cd ~/x264
echo ${CFGX264} | tee -a ${LOG}
${CFGX264} | tee -a ${LOG}
make
sudo make install

echo mencoder=== | tee -a ${LOG}
cd ~/main
cvs -z3 update -dPA | tee -a ${LOG}
echo ${CFGME} | tee -a ${LOG}
${CFGME} | tee -a ${LOG}
make
sudo make install


/*/

もうひとつ気になるのはmencoderのバージョン表示
$ mencoder
MEncoder dev-CVS-060519-18:10-4.0.1 (C) 2000-2006 MPlayer Team
10日も古い。
んが、一応manpageには(no)dct_decimateの他にもいろいろ手が入っている。
このところ開発者メーリングリストではSVNの文字が飛び交っているのでそっちの準備に忙しいのかもしんない(すらすら英語が読めるわけではないので)

svnへの移行は激しくテスト中らしいが一応、
posted by ばる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder-x264 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18717902
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。