2006年04月17日

VLC がaacの音が出るようになった件

【リンク】http://nightlies.videolan.org/build/macosx/

1. VLC がaacの音が出るようになった件

さて手許ではx264+aac.mp4だけ音が出なかったVLC 0.8.5-test2。なんだか良く解らないがtrac databaseなるものに

no faad for OSX

とゆーTicket(これもなんだかよくわからない)がでていた。いまさっき見ると、


と、なっている。クローズド?フィクスド?。ステータス変更は4/11だったらしい、、、直ったのかな?
VLC media player MacOS X nightly buildsか ら一番新しめのを落としたら、音が出た。はい、fixed。お久しぶりっすVLC。
  • Milestone: 0.8.5-test3の未解決Ticketは8つ。Priorityは低いがちっと気になる問題が残っ ている。まぁ、TSってんだからMPEG2-TSファイルシステムだと思うけど。
Ticket #432
H264 8x8dct decoding problem in udp/ts
  • Milestone 0.8.5-finalの未解決Ticketは7つ。
しかし、どちらにもPriority HighなTicketは残っていないようだ。

2. VLCのススメ

VLC-0.8.5系は再生ウィンドウに簡単なボタンがついた。
GUIはQuickTime Player ほど洗練されてはいない。しかしなんとか人に奨められるレベルだと思う。
ファイル管理はiTunesには劣る。しかしプレイリストの保存はできる。

VLCの強みは、既存の動画ファイルのほとんどを再生できる事。
Win界でデファクトとなりつつあるH.264/AVC High Profileも大丈夫。
キチガイじみた速度で進化するx264のオプションを追いかけたって破綻しない。x264そのものがVLCプロジェクトの一部だから。
妖精現実さんが期待するSnowも再生できる。ffmpegのlibavcodec(WinではffVfW/ffdshowの名でネイティブ移植されてい る)が入ってるから。
MPlayerのビルドはやっぱ誰にでもお奨めできる事では無いし、MPlayer OSXも人によっては怪しいソフトに見えるだろう。
その点、少なくともVLCはきちんとナンバー付きリリースで出している。Win/Linux/Mac共通のものを。
なによりプロジェクトが自前のMacを複数持ってるってところがポイント高い。

普及に賭ける気合いが伊達ぢゃねぇのす。

※MEncoder は、普及に賭ける気合いがなんか全部ドキュメントの整備に向いちゃってる。いやそれわそれで伊達ぢゃねぇけど。
ffmpeg は完全にドキュメント書く気がねぇな。アレわ。ソース読めないヤツぁ帰んな!って感じ。

posted by ばる at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。