2006年04月06日

ffmpeg in Intle and PPC Mac

【概要】MacBook Proで1分51秒の素材が17.8秒。
【原文】http://blogs.rave.ac.uk/blojsom/blog/aburt/Software/2006/03/22/ffmpeg-in-Intle-and-PPC-Mac.html
【タグ】[MacIntel][速度][ffmpeg][msmpeg4][libavcodec mpeg4]
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 試訳開始

Wednesday, 22 March 2006

ffmpeg in Intle and PPC Mac

ffmpegをちょっとテストしてみたんだが面白い結果が出た。

素材はavi。こんな感じ:
Duration: 00:01:51.0, start: 0.000000, bitrate: 1844 kb/s
Stream #0.0, 25.00 fps(r): Video: msmpeg4v1, yuv420p, 640x480
Stream #0.1: Audio: pcm_s16le, 22050 Hz, stereo, 705 kb/s

出力はmpeg-4。設定は以下:
Stream #0.0, 25.00 fps(c): Video: mpeg4, yuv420p, 640x480, q=2-31, 650 kb/s
Stream #0.1: Audio: aac, 22050 Hz, stereo, 64 kb/s

ffmpegのPPC用バイナリの結果
MacBook Pro - 2Ghz - 2GB Ram
Time: 1m33.746s

Power Book - 1.5 Ghz -1GB RAM
Time: 1m30s

次にffmpegのユニバーサル・バイナリだ!!
MacBook Pro - 2Ghz - 2GB Ram
Time: 0m17.841s

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜試訳終了

1分51秒の素材が17.8秒で終わっている。
コマンドがffmpeg -vcodec mpeg4ならば、起動するのは速度に定評のあるlibavcodec mpeg4。
ここまでの差はアセンブラで書かれてなきゃ納得できん。と思ったが、libavcodec内部に拡張子.asmを持つものが見当たらない。それどころか mpeg4.cもmpeg4.hも無い。これが、"ffmpegのソースは異様に特殊な構造"ってヤツだろうか。

posted by ばる at 22:32| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16242220
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。