2005年12月31日

2005年のまとめ

【概要】来し方を振り返る。
Delay Frameや音ズレ対処の過程で、己の知識・経験不足を再認識した。
一方、XviD AVCの存在が明らかになった。3ivxにも動きがあるようだ。
2006年のAVCコデックの選択肢増加、それに伴う(自分の)迷走はほぼ確実に思える。
簡単に今年を振り返って見る。

上半期
MEncoderに移行した事で、まずまずWin機に遜色 のないXviD.avi作成が可能になったと考える。

第1四半期(1〜3月)
前年末のHow to Use ffmpegXの開設(移転済)に伴い、常用をMEncoderに移行。
ffmpegX版MEncoderで使えないオプションが無いか試す(Xvid+lame MP3.avi)。
デノイズ・インタレース解除の向上
*mp4boxの完成度が上がり、Doom9でx264.mp4が本格化した模様。
第2四半期(4〜6月)
当blog開設。
XviDオプションの習得にともないG4/450のエン コードが長時間化(2時間の映画に40時間超)、G5 調達
filmdintはx86に最適化されており、PPCでは使えないオプションがある事を知る。
MEncoder-CVSビルドに着手。
*Apple-H.264登場。インテル移行発表(G5買ったばかりだったので絶望したっ!!(どよんど
*Doom9でMEncoderが脱落、x264cliが主流化した模様。
下半期
MEncoderのビルド・x264への移行を実施。いろ いろとハマる。

第3四半期(7〜9月)
MEncoderのビルド成功。Mac固有の?不具合にぶ つかる(いろいろな方に助けて頂く)。
インタレース解除をfilmdintからpullupに移行。以後使い分ける。
How to Use ffmpegXをwiki化
*ffmpegX0.0.9t。x264+aac.mp4に対応。
*7/7、EUソフトウェア特許法、否決→MEncoder,ffmpeg,VLC延命
第4四半期(10〜12月)
MPlayer and MEncoder on MacOSX(wiki)開設。
x264.mp4移行
Delay Frameや音ズレにハマる。(いろいろな方に助けて頂く。コメントやトラバを頂く事が増える)。
QT7との互換性解明はまだ半ば。
*ffmpegX0.0.9u。x264cliに対応。
*12/23、仏著作権法改正案、採決延期→VLC延命(?)

2005年末の状況
x264はApple-H.264に比べると闇階調のブ ロックノイズが出るらしい。
iPod/PSP用エンコードはWinで携帯動画変換君が 最強らしい。
AvivoのH.264は実時間以下らしい(1パスのみ対応)。

posted by ばる at 21:47| Comment(7) | TrackBack(0) | ここについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
QuickTimeのH.264エンコーダーにyuv420pで流し込む物を作ってみました。
まだ1パスのみですが、ffmpegのMPEGデコーダーとデインタレース、クロップ
等が、中間ファイル無しで使えるので便利かなと。
http://members3.jcom.home.ne.jp/jacketplugin/yuv4mpegpipe.zip

使い方。レートはKbps。
ffmpeg -i inFile.mpg -s 640x480 -croptop 24 -cropbottom 24 -cropleft 32 -cropright 32 -deinterlace -vcodec rawvideo -f yuv4mpegpipe - | yuv4mpegpipe 1200 outFile.mov
Posted by Y at 2006年01月02日 07:15
【結果】:4回実施
yuv4mpegpipe: 913 frames, 57 sec, 16.0 fps(16.017544)
yuv4mpegpipe: 913 frames, 56 sec, 16.3 fps(16.303571)
yuv4mpegpipe: 913 frames, 56 sec, 16.3 fps(16.017544)
yuv4mpegpipe: 913 frames, 79 sec, 11.6 fps(11.4125)-- 裏でh.264再生

【素材】:25.7MB,MPEG2-PS,MP2audio,30sec
【結果】:4.4MB,MOV,Video Stream Only
【機材】:G5-2Gdual(2004),mem 1G
【ffmpeg】:MobileHackers版(CVS, build 4759)
【コマンド例】:
===FFMPEG+yuv4mpegpipe===
01/04 20:14.03
/usr/local/bin/ffmpeg -i ${HOME}/Movies/0103/002-NerimaYokoku.mpeg -s 640x480 -croptop 24 -cropbottom 24 -cropleft 32 -cropright 32 -deinterlace -vcodec rawvideo -f yuv4mpegpipe - ${HOME}/Desktop/yuv4mpegpipe ${HOME}/Movies/0103/002-NerimaYokoku.mov
yuv4mpegpipe: 913 frames, 57 sec, 16.0 fps
SEC ; 57
TIME; 0:0.57
FPS; 16.017544
【アクティビティモニタ】
 yuv4mpegpipe:85〜105%,threads=3(無変動)
 ffmpeg:?〜20%
 *待機状態は5%を切るので分散。green(not %nice)

さすがにApple-h.264の1パスは速いですね。プログラム書ける人から見るとQTのAPIの印象はどんなものでしょうか?
Posted by ばる at 2006年01月04日 20:55
マルチパス、実装してみました。ffmpegのコマンドラインを渡すという力技ですw。

3パス、700Kbpsの例。ffmpegにパス通す必要あり。現状Key frame rateは300固定。
raw2qt264 3 700 "ffmpeg -i 'inFile.mpg' -deinterlace -vcodec rawvideo -f yuv4mpegpipe -" outFile.mov
1パスでもフレーム数得るために2回ffmpeg呼んでるので,yuv4mpegpipeの方が早いです...

http://members3.jcom.home.ne.jp/jacketplugin/raw2qt264.zip
http://members3.jcom.home.ne.jp/jacketplugin/raw2qt264.source.zip

QT7からBフレーム使ったエンコードが必要になったので,Session APIという
のが増えています。トランスコードを行うには,デコードセッションのフレーム
出力コールバックでエンコード関数を呼び,エンコードセッションのコールバッ
クでムービーに出力します。MP4コンテナにするには、更にMovie Exporterを
呼びます(たぶん)。今度Quad試してみます。
Posted by Y at 2006年01月05日 01:11
遅くなってすみません。
速度、raw2qt264の圧勝であります。
素材は動きっぱなし(車のCM)、かつ15秒なので画質は厳しく、コマ送りで見ると激しいブロックノイズが散見されます。モーションベクトルかマクロブロック・パーティションの判断ミスという印象です。
cropをサボったので、黒帯の映像領域への進入、映像の黒帯方向への離脱もありました。4x4,4x16,4x8あたりは使っている印象です。

Doom9の訳が終わったら長めの素材とかも試してみます。
やはり高速パスを繰り返してブロックサイズやビットレート配分を最適化する性格でしょか(むちゃむちゃ賢そうです)。

なお、MEncoderはB使うと尻が1フレーム消失します(AVI/VfWベース。回避策無し)、アタマも1フレーム消失します(mpeg2 デコーダ・ディレイ。回避策はデコーダ指定をffmpegのライブラリに)。
どっちも「らしい」だったんですが、おかげ様で検証が楽にできそうです。

【結果】:1回実施
 raw2qt264: 449 frames, 61 sec, 7.4 fps

【MEncoder】
 ■計:447 samples, SEC ;137,3.26fps
 ■1st:447 samples, SEC ; 51
 ■2nd:447 samples,SEC ; 86

【素材】【機材】【ffmpeg】は上に同じ。
Posted by ばる at 2006年01月11日 00:34
Quad(2.5Gx4)試してみました。20fps位でした。CPU使用率260%位(ffmpegは7%位)なので、前半/後半に分けて2プロセスで実行すれば、30fps行きそうですね。
Posted by Y at 2006年01月11日 13:16
追記:
QT704 updateで圧縮速度向上。Quadで何もしなくてもワンパスで30fpsを超えました。Dualだと18fps。2パスで15fpsなら結構実用的かも。
Posted by Y at 2006年01月16日 17:56
正味30分の落語番組でMencode x264とraw2qt264の比較をしてみました。
7.6 fps。ffmpegのscalingが重いのでしょうね。

アクティビティモニタ(Pass 1中)
・raw2qt264, 130%程度,スレッド3
・ffmpeg,40%以下,スレッド1
・nice,70%程度

詳細はこちらです。
http://htffmpegx.seesaa.net/article/11838921.html
Posted by ばる at 2006年01月17日 23:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/11211667
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。