2005年06月30日

今朝、私はこのサイトの存在を知って大変うれしいです。

または、"The computer for the rest of us" なマカーが "無い物は自分で作る" linuxと出会う件について。

mencoderについては書かれていないようだが、それでも。

http://phip.spymac.com/mplayer-compile.html

Compiling Mplayer on Mac OS X

===主観と共感の混入を排除しきれない訳文開始===
続きを読む
posted by ばる at 08:20| Comment(2) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

なんか「かみちゅ!」がいたく気に入った件について

ところで当方は萌えアニメを理解していない。
よくわからないってのもあるが、結構冷淡だったりする。
でもなにげ録画した「かみちゅ!」が結構気に入ってしまった。
、、、なんで録画する気になったんだか思い出せないが、、、Cubeを録画担当にしたので、遊ばせとくのもなんだと思ったのかオレ。

ってそれだけじゃなんだな。なんか書こう。

 第1話だというのもあるけど、動きの演出がとても丁寧だったので好感を持ちました。なにがって、女子中学生なのかな?が主人公なんだけど、飯を食うときの口の動きとか、学校の椅子に座ったままがこんがこんと移動するとか、家に帰って来てから晩ご飯まで寝ちゃうとか、そういう細かい仕草がいちいち、あ〜あるあるっつう感じで、えらく納得した。

 風景もいちいち丁寧で、マジ綺麗だと思ったシーンも多い。尾道なのかな?あの舞台は。一瞬旅行に行きてぇとか思っちゃったよ。
 なぜかたくさん出てくる妖怪も可愛い。

ええもう癒されまくりです。ハイ。
丁寧にエンコードせねば。
posted by ばる at 02:50| Comment(0) | TrackBack(0) | ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■最適化の問題。

mencoderのビルド、TRY2-configureのコメント欄で90師よりlame最適化のオプションを教えていただいた。

$ CFLAGS="-mcpu=7450 -fast -fPIC" ./configure --prefix=/usr/local

 lameに限らず、./configure時にやっとけばなんでも効きそうだ。自力でビルドすれば自分のCPUに勝手に最適化するものだと思っていたが、そうでもないらしい。

ぐぐる。

OS X ハッキング!第89回「configure、何するものぞ」2004/4/26 海上忍さん

configureはシェル変数や環境変数の値を参照してMakefileに反映する。たとえば、Cコンパイラであるgccは「CFLAGS」という変数を参照するが、 configureの実行時に「CFLAGS=-O3」などとしてオプションを指定すれば、最適化の度合いを調整できるのだ。一般的には適度な最適化を行 う「-O2」がデフォルトの設定として用いられるが、場合によっては「-O3」にするとバイナリの処理速度がアップすることもあるため、少しでも速度を稼 ぎたいときには有効な手法と言える。

LAME v3.96の場合、オプションを付けずにconfigureを実行すると、OS Xデフォルトの設定(CFLAGS = -O3 -ffast-math -funroll-loops -Wall -fno-common)が適用されるが、以下の要領でOS X版gcc 3.3独自のオプション「-fast」を指定すると、「-O3」を超える最適化が行われる(共有ライブラリを作成するときには「-fPIC」を指定する必 要あり)。実際、エンコード速度にも効果が現れているようなので、これからLAMEを導入するときにはお試しいただきたい。

$ CFLAGS="-mcpu=7450 -fast -fPIC" ./configure

上記記事はlameの速度が結構変わるとしている。他にビルドの概念もざっくり書かれている。

mencoderのビルドというかビルドそのものが初なら、最初に読むべきだと思った。>オレ。
なにげにゲーマーとしてはここAdvanceMAME|MacOSX10.3でコンパイル。 も参考にしよう。


当方は、G5-dual-2Ghz。(DVD-DLじゃない一個前のヤツ)なので-mcpu=7450の部分は変える必要がある。
Tigerでもあるので標準のgccは4.0。(3.3を使う必要もあるかもしれないが)

ひとまず結論:

$ CFLAGS="-fast -fPIC" ./configure

・CFLAGS:gccのコンパイル時の最適化度合いを指定するオプション。
・子オプションは、-O0, -O2, -O3。順番に、最適化無し、適度な最適化、デフォルト値。スペルは「おー」と数字。
・-fast:さらにその上の最適化。Apple版GCC独自。引数無しでG5に最適化。
・-fpic:-fast使用時にshared librariesをビルドするのに必要。

そこでmanページも見る。

■gcc3.3のオプション

 出し方:$sudo gcc_select 3.3;man gcc
(※デフォルトで使うGCCを変更するので読み終わったら$sudo gcc_select 4.0で戻す)

-fast
最大パフォーマンスの為の最適化。 -fast はPPC7450とG5アーキテクチャで最速のコードを生成する為に、GCCの最適化戦略全般を変更する。
デフォルトでは、-fastはG5向け最適化を行う。G5向けに最適化されたプログラムはPPC7450では走らない。
PPC7450用に最適化するには、コマンドラインで-mcpu=7450 を追加する。

-fast は現在、 以下の最適化フラグをenableにする。(for G5 and PPC7450)。
これらのフラグは将来変更の可能性がある。-fastを使った場合は、-mcpu=7450を指定しない限り、これらの設定を乗っ取る事は出来ない。
-ffast-math, -fstrict-aliasing ,-malign-natural は特定の状況下では安全とは言えない事に注意する事。-fastを使いつつ、shared libraries をビルドするには、コマンドラインで -fPIC を設定する事。

-O3 -funroll-loops -fstrict-aliasing -fsched-interblock
-falign-loops=16 -falign-jumps=16 -falign-functions=16
-falign-jumps-max-skip=15 -falign-loops-max-skip=15 -malign-natural
-ffast-math -mdynamic-no-pic -mpowerpc-gpopt -force_cpusubtype_ALL
-fstrict-aliasing -mtune=G5 -mcpu=G5 -mpowerpc64

[[※↑-fast の代わりに上記赤字抜きを指定する事も考慮する。覚えておくように>オレ]]

■gcc4.0のオプション

 出し方:$sudo gcc_select 4.0;man gcc
(※デフォルトで使うGCCを変更するので、3.3を使う場合、読み終わったら$sudo gcc_select 3.3で戻す)

-fast
最大パフォーマンスの為の最適化。 -fast はPPC7450とG5アーキテクチャで最速のコードを生成する為に、GCCの最適化戦略全般を変更する。
デフォルトでは、-fastはG5向け最適化を行う。G5向けに最適化されたプログラムはPPC7450では走らない。
PPC7450用に最適化するには、コマンドラインで-mcpu=7450 を追加する。

-fast は現在、 以下の最適化フラグをenableにする。(for G5 and PPC7450)。
これらのフラグは将来変更の可能性がある。-fastを使った場合は、-mcpu=7450を指定しない限り、これらの設定を乗っ取る事は出来ない。

-fastを使いつつ、shared libraries をビルドするには、コマンドラインで -fPIC を設定する事。

-O3 -fgcse-sm -funroll-loops -fstrict-aliasing -fsched-interblock
-falign-loops=16 -falign-jumps=16 -falign-functions=16
-falign-jumps-max-skip=15 -falign-loops-max-skip=15 -malign-natural
-ffast-math -freorder-blocks -freorder-blocks-and-partition -fin-
line-floor -mdynamic-no-pic -mpowerpc-gpopt -force_cpusubtype_ALL
-fstrict-aliasing -mtune=G5 -mcpu=G5 -mpowerpc64

[[※↑地味に3.3と違う。-fast の代わりに上記赤字抜きを指定する事も考慮する。覚えておくように>オレ]]

重要なお知らせ:
-ffast-math を使った場合、コードはIEEE-互換にならないかもしれない。
-fstrict-aliasing はnon-standard-compliant program[[※規格に準拠していないプログラム?]]を壊す傾向が非常に高い。
-malign-natural が適切に動作するのは、プログラム全体がこれを使ってコンパイルされ、かつ、全てのスタンダードのヘッダ/ライブラリが、このオプションを使ったときのアラインメント[[※調整]]を一切変更しない場合のみ。


、、、芋づる式に知識が増えていくのは楽しいが、新たに調べなきゃいけない事も芋づる式である事よのぅ、、、、泣かない。ま、やってっみよ。 それにしても、D-Vision3とかffmpegXの作者さんはすげぇなぁ
posted by ばる at 02:07| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■90,110両師の教えを理解するの巻

 調査続行中。済み次第こっちに加筆するように>オレ  だもんで未来日記。

続きを読む
posted by ばる at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月29日

mencoder 1.0pre7 の fourCC

人様の記事をまるまるコピペというのは気が引けるが、

「わしの日記」さん「mencoderのFOURCC」というエントリによると、


mencoderのFOURCC

MPlayer付属のエンコーダ、mencoderですが、1.0pre7以降でFFMPEG-4エンコードする場合、Video FOURCC(4文字コード)がFMP4となってしまい、窓機のWMP10とかで再生するとコーデックエラーとなります。エンコード時のオプションに、

-ffourcc DIVX

と指定すればよいようです(DIVXの他にDX50も可。小文字も可)。オプションを忘れてエンコーしてしまった場合は、バイナリエディタbeavを使って、2箇所の修正でOKでした。

0070: 46 4D 50 34 -> 44 49 56 58
00BC: 46 4D 50 34 -> 44 49 56 58


CanopusのX-TransCoderやWindows Media Encoder(いずれも窓機用)よりmencoderのほうが高速なので助かってます。


 、、、との事。
 書き手さんはWin、Mac、linuxの三刀流の人みたいなので、ナニ版のmencoderの話か判らないが、まぁ、Macでも一緒であらふ。

当方は過去にFourCCを弄る必要は無かったが、AviFourCCChangerX 0.1が早いと聞くのでメモっておこう。
posted by ばる at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月28日

■mencoder build TRY2 [CVS-050627] -1.事前準備

再びビルドやり直し。
やった事。

■掃除
・以前finkを試した時に出来たフォルダにxvidやlameがあった。影響してるかもしれないので、fink commanderで削除後、/sw/~以下全消去。
・EasyPackage ( http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/darwin2/ ) でインストールしたものもEasyPackageで全消去。

■EasyPackageで以下を再インストール
・jpeg 6b_2
・libpng 1.2.8
・libungif 4.1.0b1
・tiff 3.5.7, 3.6.1 
・libiconv1.9.1-ja_01
・pkgconfig0.15.-0
・lame-3.96.1 ※Easy Packager表示は3.6、起動すると3.96.1だった。

■以下はTRY01同様。
・faac(CVS版)OS X ハッキング!第130回(http://pcweb.mycom.co.jp/column/osx/130/)
・xvid:http://htffmpegx.seesaa.net/article/4389131.html
・x264:http://htffmpegx.seesaa.net/article/4521030.html。sudo ranlib $(prefix)/libx264.a 済み。
・libavcodec:http://www.mplayerhq.hu/DOCS/HTML/en/codecs.html#ffmpeg →mainにコピー、main/CVS/Entriesに「D/libavcodec////」追記
・libavformat:上記を参考にDL →mainにコピー、main/CVS/Entriesに「D/libavformat////」追記

■以下は新規にビルド
・libmad:http://www.underbit.com/products/mad/
・SDL:http://www.libsdl.org/index.php

■./configure オプションは以下のみ
 --enable-macosx \
 --enable-macosx-finder-support \
 --enable-macosx-bundle \
 --enable-altivec
posted by ばる at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■mencoder build TRY2 [CVS-050627] -2.configure

$ cd main
$ make clean /*前回のconfigure結果を消す*/
$ make distclean /*上記同様だが、こっちの方が消えるものが多い。makeやり直しで自動的に実行されるようだが、一応*/
$ ./configure --enable-macosx --enable-macosx-finder-support --enable-macosx-bundle --enable-altivec


■気になる箇所抜粋
汎例:
 青=事前にビルド/インストール/configureオプションで指定したもの。
 赤=なんらかのトラブルがありそうなもの。
 緑=気になるもの。

・language ... using en (man pages: en) /* ビルド後にmanが出ない。後回し*/
・enable sighandler ... yes /* make 中に多発したwarningに似た文字が見える。でも、ダメならmakeがエラーで止まる筈 */
・Mac OS X APIs ... yes
・Mac OS X Finder Support ... yes
・Mac OS X Bundle file locations ... yes
・PNG support ... yes
・JPEG support ... yes
・GIF support ... yes
・broken giflib workaround ... disabled /*不要に思えるが*/
・SDL ... yes (using sdl-config)
・mad support ... yes
・Toolame ... no /*mp2関連*/
・Twolame ... no /*mp2関連*/
・OggVorbis support ... yes (internal Tremor) /**/
・OggTheora support (only the CVS version!) ... no /* いずれは、、、*/
・mp3lib support ... yes /*mp3デコード*/
・liba52 support ... yes /*AC3デコード*/
・libmpeg2 support ... yes /* 多分これでmpeg2-psデコード */
・Matroska support ... yes /* マニュアルページを見ると再生のみに見える */
・FAAC (AAC encoder) support ... yes
・internal FAAD2 (AAC) support ... yes
・external FAAD2 (AAC) support ... no
・FFmpeg libavcodec (static) ... yes
・FFmpeg libavformat (static) ... yes
・XviD ... yes
・DivX4 compatibility in XviD ... no /*要注意-xvid+mp3.aviはwin機ではdivx4と表示されるから*/
・x264 ... yes
・libmp3lame (for mencoder) ... yes


〜 中略 〜

Config files successfully generated by ./configure !

Install prefix: /usr/local
Data directory: /usr/local/share/mplayer
Config direct.: /usr/local/etc/mplayer

〜 中略 〜

Enabled optional drivers:
Input: ftp network edl tv matroska mpdvdkit2 vcd
Codecs: x264 xvid libavcodec faad2(internal) libmpeg2 liba52 mp3lib tremor(internal) libmad gif faac
Audio output: sdl mpegpes(file) macosx
Video output: sdl gif89a md5sum pnm jpeg png mpegpes(file) opengl xv x11 xover tga macosx quartz
Audio filters:
Disabled optional drivers:
Input: vstream tv-v4l2 tv-v4l tv-bsdbt848 live.com cdda dvdread dvb smb
Codecs: qtx opendivx libdv amr_wb amr_nb real xanim dshow/dmo win32 libdts libtheora twolame toolame liblzo
Audio output: sgi sun alsa jack polyp esd arts oss dxr2 nas dsound win32
Video output: xvidix winvidix cvidix bl zr zr2 dxr3 dxr2 directx vesa fbdev svga caca aa ggi xmga mga dga xvmc directfb tdfx_vid tdfxfb 3dfx
Audio filters: ladspa

■その他のconfigure結果続きを読む
posted by ばる at 22:01| Comment(6) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■mencoder build TRY2 [CVS-050627] -3.make

make中のエラーは最初に出た物から対処するのが鉄則。
と、雑誌に書いてあったので一応読んでみる。

ひどく長いです。自分用メモです。
posted by ばる at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■mencoder build TRY2 [CVS-050627] -4-エンコードテスト

■素材:
 ケロロ軍曹オープニング、1分45秒、86.3MB

■設定:
~/Movies/TEST/filmdint_basic/KERO_OP.mpeg \
-oac mp3lame -lameopts cbr:br=128:vol=1: -srate 48000 -aid 0 \
-ovc xvid -xvidencopts \
fixed_quant=3\
:trellis:chroma_me:chroma_opt:hq_ac:cartoon:quant_type=mpeg\
:max_key_interval=240:vhq=0:max_bframes=1:bvhq=0 \
-vf filmdint=comb_thres=48/fast=0,scale=640:480,hqdn3d=3:2:4 \
-fps 30000/1001 -ofps 24000/1001 -sws 2 -noodml -o \
/Volumes/Hollerith/Keroro_TEST.avi

■結果
ビルド版 ffmpegX版
Total_sec;269
Total_frames;3157
Video stream: 3341.560 kbit/s →正常
Audio stream:  128.000 kbit/s →無音
43.7MB
Total_sec;249
Total_frames;3157
Video stream: 3135.477 kbit/s
Audio stream:  128.000 kbit/s
41.1MB
・画質に変化無し。filmdintのインタレ解除漏れの箇所まで同じ。
・時間、サイズともffmpegX版より増えた。意味ね〜w
 →xvidのビルドオプション見直し?

続きを読む
posted by ばる at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月27日

■Mplayer CVS版 make結果_TRY01

■MPlayer
 ・MPEG2-PS(音声MP2)
  音量が小さい、雑音が入る、音が濁る。
■mencoder
 音が出ない。ホワイトノイズだけのavi。
 映像は、インタレ解除が効いていない。
 インデックスが無く、シークが効かない。
 QuickTime Player で開けないw。

mencoder \
/Users/USERNAME/Movies/TEST/filmdint_basic/KERO_OP.mpeg \
-oac mp3lame -lameopts cbr:br=128:vol=1: -srate 48000 -aid 0 \
-ovc xvid -xvidencopts \
fixed_quant=3\
:trellis:chroma_me:chroma_opt:hq_ac:cartoon:quant_type=mpeg\
:max_key_interval=240:vhq=0:max_bframes=1:bvhq=1 \
-vf filmdint=comb_thres=48/fast=0,scale=640:480,hqdn3d=3:2:4 \
-fps 29.97 -ofps 23.976 -sws 2 -noodml -o \
/Volumes/Hollerith/Keroro_TEST.avi



他に
■make uninstallが効かず、途中で停止する。

■理由を考える
・90師の言われるmadやSDLをオミットした結果
・事前ビルドしたライブラリのバージョン不整合

■make中のエラーメッセージ
・最初にでてくるのは「no such file or directory」。いくつかあるが、全て
「/lib/modules/8.1.0/build/include/linux/version.h」

・次に出てくるwarningの固まりは以下。
ソースの中で宣言された変数が違いますという意味と思われる。
get_path.c:75: warning: pointer targets in passing argument 3 of 'CFURLGetFileSystemRepresentation' differ in signedness
get_path.c:81: warning: pointer targets in passing argument 3 of 'CFURLGetFileSystemRepresentation' differ in signedness
mplayer.c: In function 'main':
mplayer.c:1532: warning: pointer targets in passing argument 2 of 'vobsub_set_from_lang' differ in signedness

以下ずらずらっと続く。
これはCが読めない当方には手が出せない。ソースコードを弄る必要があるなら、そこで終わり。素直にffmpegX0.0.9tを待つべきだろう。
mencoderで.mp4書き出しできそうなんだけどなぁ。
posted by ばる at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■Mplayer CVS版 configure結果_TRY01

■MPlayer
cvs -d:pserver:anonymous@mplayerhq.hu:/cvsroot/mplayer login
cvs -z3 -d:pserver:anonymous@mplayerhq.hu:/cvsroot/mplayer co -P main

 ~/home/mainにMPlayerのソースが入る。一旦放置。

■インストール済み:
・jpeg 6b_2          :Easy Package:(http://www.ie.u-ryukyu.ac.jp/darwin2/)
・libpng 1.2.4, 1.2.7_1, 1.2.8 :同上
・libungif 4.1.0b1       :同上
・tiff 3.5.7, 3.6.1        :同上
・libiconv1.9.1-ja_01     :同上
(キャラクタセット変換ライブラリ;90師の教えに盲従)
・pkgconfig0.15.-0      :同上(ライブラリ管理システム;90師の教えに盲従)
・faac(CVS版)         :OS X ハッキング!第130回(http://pcweb.mycom.co.jp/column/osx/130/)
・lame-3.96.1         :http://sourceforge.net/projects/lame/
                 ※Easy Package のver表示が3.9以下だった。これをビルドした所、mencoderで無音ファイルが出来た。
・xvid:http://htffmpegx.seesaa.net/article/4389131.html
・x264:http://htffmpegx.seesaa.net/article/4521030.html。sudo ranlib $(prefix)/libx264.a 済み。
・libavcodec:http://www.mplayerhq.hu/DOCS/HTML/en/codecs.html#ffmpeg →mainにコピー、main/CVS/Entriesに「D/libavcodec////」追記
・libavformat:上記を参考にDL →mainにコピー、main/CVS/Entriesに「D/libavformat////」追記

続きを読む
posted by ばる at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

.bash_profileをFinderで見えるようにする

シンボリックリンク(エイリアスみたいなもの)を使う。
$ ln -s .bash_profile bash_profile

これでa match in her pocketが作った「パスを通す」設定をテキストエディットでいじる事ができた。

もういっこ。
$ ln -s usr/local user-local

これで不可視領域だったusr/local以下をファインダで表示できる。
パスワードを入れれば削除はできるようだ。

不可視ファイル(ファイル名の先頭が「.」のもの)は、ターミナルで
$ ls -a

で表示できる。
posted by ばる at 06:12| Comment(0) | TrackBack(0) | Mac | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月24日

仕切り直し!!

以下に従って一旦仕切り直し。
まずは、システムの掃除。続きを読む
posted by ばる at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MPlayer-1.0pre7_README

MPlayer-1.0pre7、ソースコード内のREADMEファイルをざっと訳。

続きを読む
posted by ばる at 07:10| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月23日

■先に必要な要素を考える

唐突だが7/7に絢爛舞踏祭っつうゲームが発売される。
これを買った場合、mencoderにかける時間は、まず、1/4以下になる。
最低数週間〜半年。その後で、己の興味が持続してるとは限らない。
そこで、
ビルドの締め切りを決めてみる。7/7。
あ、ぴったし14日、336hrsだw

ムボーだよなぁ。
そこで絢爛開発元のお言葉を引く。
使い道が無い物は使うな。でないと溺れる。


、、、ふむ。たしかに。
ではちょいと仕事的に、必要な要素過抽出をしてみよう。
ちなみにこのゲームに入れ込む理由。
続きを読む
posted by ばる at 23:41| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■音声関係のライブラリ [ビルド][mencoder]

 当方はこれまで音声関係ノーチェックだった。
使い道が無い物は使うな。でないと溺れる。
 、、、今更だろうか?

このエントリでは音声関係で必要と思われるコデック情報を収集していく。
続きはまたしてもでかい表。
posted by ばる at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

■[Tips]便利かもなソフト

■Process Wizard
 素Cubeを少しでも早くと思ってげとしたもんだが、Tigerでも動く。
 なにげにffmpegXとかがなにやってんのか教えてくれる。

 ↓こんな感じ。
050623_h264_2pass.png

 このままターミナルで打ったら動いたのがそもそもの始まり。
 感謝していいのか、こんな女に誰がしたと歌おうか迷う。いや、感謝してます、マジマジ。



、、、というような小間物の紹介。
続きを読む
posted by ばる at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月22日

■x264のインストール

■x264のインストール




===訳文開始===

続きを読む
posted by ばる at 00:05| Comment(5) | TrackBack(0) | mencoder[ビルド] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月21日

エウレカ7 第9話「ペーパームーン・シャイン」までの感想。

追記:なんか間違ってた。10話「ハイヤー・ザン・ザ・サン」まで見てました。

 ここでえらい褒めたわりに圧縮日記に登場していないのを不審に思われる人があるかもしれない。
 実はまだMPEG2のままHD内にある。しかも日曜と水曜の再放送分両方w
 昨年(ffmpegX常用時代)はプラネテスがそんな感じだった。
 HDがヤヴァくなるまで溜め込んで、他の番組での経験を元に一気に圧縮したわけだが、そこで限界を感じてmencoderに手を出した。DVDは焼かない。絶対無くすからw。

なんか先が長そうなので、ちょいとここまでの感想など整理してみる。続きを読む
posted by ばる at 02:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ノイズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年06月19日

■[MPlayer-dev-eng] xvid zones patch

ぼーっとMPlayer開発者MLアーカイブを見てたらこんなんがあった。
!!注意:このパッチにはバグも報告されているし、そもそも入手方法も当方にはわかりません。
===訳文開始===
続きを読む
posted by ばる at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | mencoder | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。